バイクの買い替えをする時期やタイミング

バイクの乗り方によって買い替えや乗り換えの時期・タイミングが変わってきます。

 

昔は乗れなくなるまで乗ろうと考える方が多かったですが、最近は気軽に買取会社の複数査定ができる時代になりました。

 

ネットが普及したことで相場の把握がしやすく、瞬時に最低額と最高額の会社がわかります。

 

昔より高額査定が出やすくなったことで、3年サイクルで乗り継ぐような乗り方をする人が増えています。

 

それほど価値が下がらないときに売却し、新車を購入するという方法なら様々なマシンに乗り継ぐことができるでしょう。

 

一台をずっと大切に乗りたいという方は、故障が頻発するようになったら買い替えのタイミングと言えます。車検のたびに修理・交換が必要になり、高額な出費となる場合も売却する時期として適切です。

 

最終的にいつ売却するかは自分の意思で決定するものなので、周りに流される必要はありません。新しいバイクが欲しいと思ったら、ネットの一括査定を利用してみるのもよいです。

バイクの買い替えする走行距離の目安

問題なく走行できる状況なら、走行距離で買い替えを決める必要はありません。

 

10万kmを超えていてもまったく問題がないなら、そのまま乗り続けるのもありです。買値がほとんどつかないなら売却せずに乗り潰したほうが経済的とも言えます。
運転頻度が少なくて月に1〜2回という方なら、3万kmも走行せずに寿命を迎えることもあるでしょう。運転しなければ車体は傷まないと考えている方は多いですが、ガレージで保管しておくだけでもバイクは劣化してきます。

 

モノには耐用年数がありますから、一度も乗ることなく保管しておいてもいずれは故障するのです。

 

一般的に買い替えをする走行距離を見てみると、1〜5万kmくらいに集中しています。バイクはクルマよりも車体価格が安いので頻繁に乗り換えている方は少なくありません。

 

通勤手段として使用している方の場合だと、5〜10万km以上乗ってから売却するケースも見られます。新車が欲しいと感じたときが売却する適切な時期です。

故障バイクを修理するか買い替えるか迷ったときどうする

古くなったバイクが故障すると交換部品の調達が難しく、社外品を使用したりネットオークションで見つけたりする必要性も出てくるでしょう。

 

修理に多額の費用がかかるようなら、思い切って買い替えをするのも手です。修理してもすぐに故障してしまうなら、新車を買ったほうが経済的と言えます。

 

迷ったときはバイクの買取会社の複数査定を受けてみて、買取相場を知っておくのもよいです。

 

思っているより高く売れそうなら、そのまま買い替えするのもおすすめです。不動車・廃車状態だとほとんど買値がつかないこともありますが、マイナスにならない以上は出費にはなりません。

 

不具合を直して再び乗るとなると数十万円はかかることが多いので、どちらがお得かよく考えてみましょう。