車検が切れたバイクを売る方法

車検が切れたバイクを公道走行させると違法になりますが、売却することは可能なのです。

 

車体自体の価値には変化がありませんから、買取店に依頼すれば買取してくれます。自走ができなくてもトラックやレッカー車で移動すればいいので問題はありません。

 

事前に一括査定サイトを利用して相場を把握してから売るかどうか決めるのがよいです。車検切れの場合は持ち込み査定を受けることはできないので、必然的に出張査定を依頼することになります。

 

出張依頼をすると買取会社側は何としても買取をしようと考えるので、本当に売却する意思がある状態でなければ利用するべきではありません。

 

車検切れのバイクは車検ありの場合と比べて買値は安くなりますが、これはクルマにも言えることです。

 

買取会社が車検を通すための費用を考慮し、車検ありの場合よりも安値を設定します。今後乗る予定がないバイクがあるなら、価値が下がる前に売却するのが得策です。

 

放置しても価値が下がるだけなので、車検が切れていてもすぐに買取してもらえるか業者に依頼したほうがいいでしょう。

車検証を無くしたり紛失した場合でもバイクは売れる?

車検証を無くしたり紛失したりしてもバイクを売ることは可能です。

 

書類がないと再発行手続きが必要になるので面倒になりますが、売れないわけではありません。面倒な手続きは買取会社が代行してくれますが、再発行に必要な書類に関しては自分で用意してください。

 

車検証と同様に整備記録がなくても売却できますが、書類関係はすべて揃っているほうが査定で有利になります。

 

故意に書類を破棄してしまう方がいますが、この理由として事故履歴を隠すことがあります。

 

怪しい行為全般は買取会社から怪しまれる原因となるので、質問されたら事実のみを申告するようにしてください。

 

例えば過去の事故・修復歴を聞かれた場合はごまかすことなく正直に伝えます。メーターを戻すなどの不正も結局はバレてしまうので、不正をしようとは考えないことが大切です。

 

バレて信用を失墜させるくらいなら、事実を申告して正当な金額で買取してもらいましょう。バイクの売買は信用の元に成立しているので、不誠実なことをすれば自分が損をします。

車検切れのバイクは査定が下がるのか?

車検切れのバイクの査定はある程度下がりますが、買取会社が車検を通すため仕方のないことです。

 

故障箇所が多ければ10万円を優に超える費用がかかるため、修理費用も本来の相場から引かれます。

 

車検切れバイクを少しでも高く売るためには、査定額を高額に提示してくれる会社を選ぶのが一番です。

 

高額査定の会社は大手ばかりとは限らず、意外と地元の会社が高額買取をしてくれるケースもあります。

 

重要なのはあなたのバイクを欲しいという会社に売却することです。買取会社によって強化マシンは異なりますから、ネットの一括査定を活用して売却先を選んでいくのがよいです。

 

特定の会社に絞ってしまうと交渉時に足元を見られる可能性があるので、少なくとも3〜5社以上で査定する必要があります。