ローン中のバイクでも売れるのか?

バイクを売るにはローンを終えておくと何かと楽ですが、残っている状態で売りなくなることもあるでしょう。

 

残額が少なければ一括返済・名義変更をして売却するのが基本ですが、完済が難しいなら買取店が用意する組み換えローンを利用する手もあります。

 

もしくは事前に買取額の一部をもらってから残額を完済し、それから売るという方法もあります。完済していないバイクでも売却は可能なので、買取会社に相談してみてください。

 

キャッシングなどでお金を調達する方もいますが、金利がかなり高めに設定されているのでおすすめできません。基本的に多目的融資は実質年率が高く、15.0%以上の金利になることが多いです。

 

高額で手放しても返済に多くの利息を支払っては本末転倒ですから、多目的融資の利用はおすすめできません。

 

具体的にどのような方法がよいのか判断するには、買取会社に相談するのが一番です。残債サポートを用意している会社なら、ローン中でもバイクの買取に積極的になってくれるでしょう。

ローンが残ってるバイクを売るときの手順と手続き

ローンが残っているバイクでも売れることが多いので、まずは買取会社に相談をしてください。残債サポートを用意する大手会社なら面倒な手続きをすべて代行してくれるでしょう。

 

名義変更も行ってくれるので、自分は必要書類を用意するだけでOKです。残額によって手続きの内容は異なり、残債が買取額を上回るときは組み換えローンを利用するのが一般的となります。

 

買取額のほうが高ければ残債整理のために一部金額を先に支払い、完済してから残額をもらうという流れになるのが普通です。

 

売ると決めたら早期の査定を受けるのがおすすめで、先延ばしするのはよくありません。1ヶ月迷っている間に数万円も価値が下がってしまうケースがあります。

 

放置しておくことで値上がりするケースは稀にありますが、確率としては非常に低いので即売却を基本と考えてください。

 

残債がある状態だと自分名義ではないため、勝手に売却することはできません。原則として完済をしないと自分名義に変更することはできないのです。

ローンが残ってるバイクは買取額が下がる?

車検なし・キズ有りなどのバイクは買取額が下がるのは仕方ありませんが、ローンが残っている状況はそれほど影響しません。

 

残債サポートや名義変更などの処理に時間と手間がかかるので無料ではありませんが、数万円も買取額に影響することは少ないです。

 

1万円程度は影響することもありますが、極端に査定額が下がることはないと考えてください。

 

ただし悪質な買取会社の場合だと何かと理由をつけて査定額を下げてこようとするので注意しましょう。一括査定サービスを利用して健全な会社を選んで売るようにしてください。

 

一括査定サイトで紹介される会社は安全性が高く、大手や地元の有名会社が中心になっています。健全な会社ほど悪評を嫌がるものですから、信用を失うようなことはしません。