ヤフオクでバイクを売る方法

バイクの買い替えや古くなって乗らなくなったものをヤフオクで出品すれば、もしかすると高額で落札されるかもしれません。

 

ちょっとでも高く売れるのであれば、新しいバイクを購入するときの資金にもなるので、買取店などの査定額に納得がいかないなどの問題があれば利用してみましょう。

 

ヤフオクで売る場合は、まず実際に現物があるかどうかの確認と、車検が切れていないか、大きな傷やヘコみなどがないかを調べる必要があります。

 

これに問題がなければオークションサイトに登録し、出品ページを作成していくことになります。

 

普段からオークションで落札しているなら慣れているかもしれませんが、出品側はプレミアム会員費に出品利用料、落札システム利用料と3つの費用がかかることを覚えておきましょう。

 

原付などの落札価格が安いものを売ると手数料が結構な痛手となるため、予想される売却額を知るために査定をしておくことが大切です。

 

また、名義変更に廃車手続き、落札者への受け渡し方法など考えることがいくつもあります。

バイクのオークションを代行してもらうには

ヤフオクを利用して自分でバイクを販売するには、オークションサイトに登録して出品までの手続きを全て行い、落札者とのやり取りや書類手続きなどやることが数多くあります。

 

普段から出品していれば慣れたもので、登録などの面倒も省くことができますが、初めて利用する人にはハードルが高いものと言えるでしょう。

 

また、1回だけ出品するために登録料などを支払うというのもいまいち納得できないかもしれません。

 

こうした複雑な手間を解消してくれるのがバイクオークションの代行業者で、現物の状況確認や写真の撮影などは自分で行わなくてはいけませんが、販売価格の相場を調べたり出品ページの作成、落札者との連絡などは業者の方で行ってくれます。

 

これによって手間が大幅に減り、時間が空くことで仕事に集中できるなどのメリットとなるのです。

 

個人でやるよりも全体的に費用はかかりますが、それでも高く売れる可能性があり、さらに個人売買によって起こり得るトラブルを回避できるので利用を検討してみるのも良いでしょう。

バイクのオークション代行をしてくれる業者は?

実際にバイクをオークション代行してくれる業者は複数存在しており、それぞれに特徴やメリットなどがあるため利用する際には自分の目的にあったところを選択しなくてはいけません。

 

個人用か業者用と大きくわけて2つの種類があり、申し込みも大抵はウェブサイトから行うことができます。

 

利用料金は代行手数料または管理手数料で一律、さらに取引成立時の成功報酬で落札金額の数%となります。

 

落札者への輸送までを依頼する場合は陸送費もかかり、その他のオプションによって金額が変わってきます。

 

中には廃車手続きのサポートも請け負ってくれるので、それらを利用すれば、最初から最後までオークションに手間をかけず、バイクを売却することができるできるようになります。