バイクを売るときの手順

バイクを売るときの手順としていくらの値段で売りたいのか最低金額を決めます。

 

少しでも高く売りたいのであれば、ネットなどを利用してオークションにかけることになりますが、個人売買ならあらかじめおおよその額を決めておく必要があります。

 

何円でも良いと言われたら少しでも安い金額で買いたいので、最低金額を設けてこれ以上の値段をつけてくれる買主との契約を交わします。

 

買い手が見つかれば梱包作業になります。あまりにもバイクが大きければ直接持って行ったほうが、費用を安く済ませられる可能性もありますので考えようです。売買が成立したらいち早く買主の元へ商品を届けなければならないので、それまでの間に綺麗にしておく必要があります。

 

外観の汚れを落とすのはもちろんのこと、細部の部品に至るまでその時点で綺麗に出来る事は少しでも行いましょう。

 

売るときに写真を撮りますが、掃除をしておくとそれだけで写真が良く見えます。あとはこまめに買主と連絡を取りましょう。

バイクを売るときに必要な手続き

バイクを売るときに必要な手続きですが、業者に依頼するか個人売買するかで大きく変わります。

 

業者に依頼する場合は、あらかじめバイクを綺麗にした状態で、業者に依頼します。すぐ引き取る場合と売買が成立したら引き取る場合があります。

 

どちらでも受付してくれるのであれば、引き取ってもらった方が倉庫などに保管してもらえて、新たに傷がつく可能性が少ないので安心です。

 

あとは最低落札金額を伝えてから、業者に手数料などを含めた費用を支払います。

 

直接もらえる額は個人売買と比較してどうしても少なくなりますが、買主とは連絡先を交換する必要がないので、プライバシーが保護されるのはメリットです。

 

一方、個人売買はオークションにかけるか知人などに売るかが大きな売り道です。

 

オークションにかけるならあらかじめ金額が安いものでどのような売り方になるのか確認した上で売りましょう。失敗することなく手続きが出来ます。

 

知人との売買なら良好な関係を築くにも先方と話し合って妥当金額を決めましょう。多少の融通は利くはずです。

バイクを友達や友人に売るときの手続きはどうする?

バイクを友達や友人に売る場合は、知人に売るよりももう少しハードルが下がります。

 

あらかじめ傷がついている箇所などを言っておけばそれを加味して考えてくれます。妥当な売買金額を双方で相談して決めるので、オークションのように極端に低く買いたたかれれる心配が無いです。

 

バイクを友達や友人の家などに持ってくる手間なども話し合いで決定するので、先方が取りに来てくれるのであれば、自宅まで来てもらいましょう。

 

万一運んでいる最中に事故などが起こり破損してしまっては契約不履行になりかねません。

 

契約書を交わすときはなるべくトラブル顔個なら内容に考えられる可能性はすべて明記しておく必要があります。

 

内容を買主に見てもらい、お互いが納得できれば売買成立です。